BIG MAMA

サービスページヘ

私がビック・ママに入ったきっかけは、子育てが一段落したタイミングでもう一度外で働きたいと思ったから。以前に縫製会社の工場に勤務していた経験もあり、やっぱり洋服に携わる仕事、ミシンを使った仕事がしたいと思って探したところ、ビック・ママの求人情報を見つけました。実は、当初は、技術専門のお直しスタッフを希望。しかし、技術的に難しいということもあって、接客をしながらお直しもすることで、徐々に技術も磨けるということに魅力を感じ、フィッティングアドバイザーとして入社しました。

以前にアパレルの販売をしていた時には、自分が勧めた服を可愛いと言って気に入って購入いただければ、嬉しさはありましたが、この仕事ではお客様に喜んでいただけた時の嬉しさははるかに販売の時以上。お直しをすることで、着られなくなった衣服が着られるようになって、お客様に「ありがとう」と言ってもらえると、自分が携わったという実感もより強いものがありますね。

小倉さんの経歴
服飾専門学校
縫製会社
異業界の営業職
アパレルの販売職
専業主婦
ビック・ママ入社
シアル鶴見店(2013年1月~)
シアル鶴見店 店長(2014年8月~)

「小倉さん」と、私を頼ってきてくれるお客様も多く、そこは大きなやりがいにもなっています。すべてのお客様にご満足いただくことは、なかなか困難なことではありますが、一人でも多くのお客様に「また来たい」と思っていただけたら光栄ですね。
この仕事は、結婚前に勤めていた縫製工場はもちろん、異業種の営業職や販売職など、今まで経験してきたことすべてが生かせる仕事。まさに天職ですね。

Q&A

仕事をしているうえで、常に心がけていることは?
子供のお迎え時間があり、働ける時間は限られているので、いかに効率よく作業するかを常に意識しています。予定通りにいかない時もありますが、他スタッフでも対応できるように対応表を作ったりし、周りに助けてもらいやすい環境作りをしています。みんなの協力がなければ働くことはできません。ビック・ママでは「お互いさま」とみんなで協力しながら働いています。また、育児を通して学んでいることも多く、人の伸ばし方、育て方など、マネジメントにも活用できるようしていきたいです。
職場の雰囲気はどんな感じですか?
今のエリアでは主婦の方が多いので、夜に皆で飲みに行くとかはできないのですが、マネージャーをはじめとした人生の先輩方に、仕事のことだけではなく、子育てのことなども相談できるのはいいですね。時には冗談も交えながら楽しい職場作りを心がけています。
どんな方と一緒に働きたいですか?
お客様だけでなく、周りの仲間にも気配りができる人。例えば、お年寄りの方や身体が悪い方がいらっしゃったら、椅子を差し伸べるとか、そういった細やかな気遣いができる人と一緒に働けるといいですね。

ある1日のスケジュール(早番)

9:15
保育園登園後 出社・清掃・開店準備
9:45
テナント納品、本社からの荷物の確認(PC作業)
10:00
開店
受付、お品物のお渡し、お直し作業、見積もり品のご連絡
13:00
昼休み
14:00
受付、お品物のお渡し、お直し作業
17:00
退社
翌日のシフト確認、遅番に引継ぎ事項等連絡・指示
保育園お迎え、夕食の準備